疲労回復のコツ

同じ姿勢は避ける

立ちっぱなし・座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張し、疲労物質である「乳酸」がたまります。

 

さらに血行も悪くなりと疲労物質が流れないために肩こりや腰痛、ふくらはぎのだるさや傷みとなります。

 

疲労物質が溜まりすぎると排出が難しくなり、慢性疲労の原因に!こうなってしまうとなかなか疲れが抜けません。

 

家事や仕事の合間に一瞬でも良いので、立ち仕事なら足踏みをしたり、腰や首を回したり、とにかく疲労物質を一か所にため込まないようにするのが重要です。

 

お風呂は最高の休養

お風呂につかると筋肉の緊張をほぐし、血液循環をよくする効果があります。

 

体内の疲労物質や老廃物を排出を促しさらには精神的にも神経的にも緊張をほぐしてくれます。

 

シャワーのみの入浴は時間効率的には良いかもしれませんが疲れはほとんどとれません。疲れてきたらまずは湯船にお湯をためて入浴しましょう。

 

しっかり睡眠をとる

睡眠は本当に脳や身体を休められる唯一の行動です。

 

さらに成長ホルモンの分泌で細胞が活発になり、細胞からリフレッシュすることができ、明日の活力となる栄養エネルギーが作られる時間でもあります。

 

レム睡眠とノンレム睡眠は90分の周期を繰り返しているため、6時間・7時間半・9時間などの睡眠時間で起きると目覚めが良くなります。

 

軽い運動でも疲労物質は流れる

身体にたまった疲労物質「乳酸」は、じっとしていると逆に溜まりやすく、これが肩こりや腰痛などの疲労原因となります。

 

しかし、運動をすると「乳酸がたまる」なんてことをよく耳にします。

 

 

確かに乳酸は、運動するとエネルギーを糖質から取り出したときの残りカスで生まれる物質。

 

しかし、運動することによって適度に体を動かすことで筋肉や内臓を動かし、血流を良くするため疲労物質も流れ排出されます。

 

 

オススメは散歩。身体に作られる疲労物質も少なく、外の空気は心地よく精神的にリフレッシュします。

 

 

食事は身体を支えるもの

意外と難しいのがきちんとした食事ではないでしょうか?

 

むかしに比べ、野菜や果物などに含まれる栄養素が減少している上、コンビニや外食などではパン・米・麺など炭水化物ばかりが多いメニューばかりで野菜が極端に少なくビタミン不足に陥っている人も多いようです。

  • 1日3食を食べる習慣にすること
  • 睡眠の3時間前に夕飯を済ましておく
  • よく噛んで食べる  

野菜もとれる食事を心がけ、最低限上記のような食べ方をすると身体が疲れにくくなります。

 

 

 

 

疲労回復に良い食べ物

 

タバコの喫煙は疲れやすい?!

 

お酒は疲れやすい原因?!

疲労回復のコツ記事一覧

疲労回復に良い食べ物

疲れを取り除くならビタミンB1・B2ビタミンB1が不足すると疲労物質である「乳酸」が蓄積されやすくなるため、疲労・だるさの症状原因となります。ビタミンB2が不足した場合もタンパク質・脂質・糖質からスムーズにエネルギーを取り出すことができずに結果、力を存分に引き出すことが出来ずに疲れる原因になります。...

» 続きを読む

疲れがとれないのはタバコの喫煙が原因かも?!

タバコは疲労感やだるさの原因となります。その理由には、タバコを喫煙する人は吸う方は、体内中のビタミン・ミネラルを破壊してしまいます。これにより、ビタミンB1が不足すると疲労物質が蓄積されやすく、ビタミンB2が不足した場合はエネルギーをスムーズに変換することができないために疲れの原因になります。タバコ...

» 続きを読む

お酒は疲れやすい原因?!

ビール・ワイン・ウィスキー・バーボン・焼酎・日本酒・泡盛・チューハイなどなど、総じてアルコールと呼ばれるものを大量に摂取すると身体は疲れやすくなったり、だるさ、倦怠感の原因となります。その理由には、アルコールを分解のために肝臓という臓器が働いてくれるのですが、アルコールを摂取するとひたすら働いてくれ...

» 続きを読む

体の疲れを良くする方法

今日から実践!体に溜まった疲労を取り去るコツグッスリと熟睡できる環境を整える「グッスリ寝る」疲れをとる基本中の基本です。疲れを感じているなら無理せずに休むことが大切です。良い睡眠とは、「睡眠時間<質の良い睡眠」です。ただ単に長く寝ただけでは逆に体が疲れる原因となります。就寝前にはパソコンやスマホ、テ...

» 続きを読む