体の疲れを良くする方法

今日から実践!体に溜まった疲労を取り去るコツ

グッスリと熟睡できる環境を整える

「グッスリ寝る」疲れをとる基本中の基本です。疲れを感じているなら無理せずに休むことが大切です。

 

良い睡眠とは、「睡眠時間<質の良い睡眠」です。ただ単に長く寝ただけでは逆に体が疲れる原因となります。

 

就寝前にはパソコンやスマホ、テレビなどの視覚的刺激を抑え、ダウンライトがあれば付けて音楽を聞いたり、少しお酒を嗜んだりして心からリラックスしましょう。

 

金銭的に余裕があれば自分にあった寝具を選ぶなどして良い環境を作るようにしましょう。

 

 

お風呂に浸かる

シャワーだけですませている人は疲れが取れにくいです。「欧米人は肩こりをしない」のは体質が日本人とはまったく違うため、我々がシャワーしか浴びない彼らの真似をしたら確実に寿命は縮まります。

 

そんなに熱くない程度のお湯にゆったり使ってください、香りの強い入浴剤はリラックス効果を高めてくれます。

 

 

適度なストレッチ

ジョギングや筋トレとかそんな運動はしなくても大丈夫、軽いストレッチだけでも疲れは取れます。

 

ストレッチは筋や筋肉をほぐしたりするだけではなく血行を良くしストレス解消に繋がります。

 

 

バランスのとれた食事

疲れないよう元気に保つためには、ビタミン類やアミノ酸が必須、脂っこい食べ物、肉ばかりのメニューばかりで野菜や果物がすくないとビタミン類は壊滅的に摂れませんし、肥満になったり肝臓が弱って疲れやすくなります。

 

 

サプリメントで食生活を補助する

どうしても独身男性だったり、若い子だと自炊は難しく、またバランスの良い理想的な食事はコストがかかってきます。

 

栄養面でサポートしてくれるサプリメントは、摂取栄養素のバランスをはかるのに非常に有効な手段です。

 

体の疲れを良くする方法関連ページ

疲労回復に良い食べ物
普段の食べ物を気をつけるだけでも疲労回復しやすい身体になります。
疲れがとれないのはタバコの喫煙が原因かも?!
発がん性などの悪影響が認知されているタバコの喫煙。身体が疲れやすいのもたばこが原因なんでしょうか?
お酒は疲れやすい原因?!
お酒・アルコールは飲み過ぎては身体の毒になると言うのは周知の通りですが、お酒をよく飲む人の疲労・だるさなどは、疲れやすい原因ともなるのでしょうか?