お酒は疲れやすい原因になる?!

ビール・ワイン・ウィスキー・バーボン・焼酎・日本酒・泡盛・チューハイなどなど、総じてアルコールと呼ばれるものを大量に摂取すると身体は疲れやすくなったり、だるさ、倦怠感の原因となります。

 

その理由には、アルコールを分解のために肝臓という臓器が働いてくれるのですが、アルコールを摂取するとひたすら働いてくれます。

 

臓器を動かすためには、糖質が必要で、この糖質をエネルギーに変換した際に生み出されるのが疲労物質「乳酸」です。

 

これによってアルコールを分解するたびに疲労が蓄積し、

 

「疲れやすくなった」
「毎日がだるい」

 

などの症状が現れます。お酒を飲むのもほどほどにしましょう。

 

 

 

 

疲労回復に良い食べ物

 

タバコの喫煙は疲れやすい?!