肩の疲れをとる方法

肩は約5kgもある頭を支えており両腕の重さも掛かってきます。ですのでとくにPCを使った仕事や首を下げて検査するようなお仕事、家事一般の主婦たちは肩周りの筋肉は常に悲鳴を上げています。

 

 

肩の疲れを予防する方法

  • 足を組むなど左右非対称なポーズを避ける
  • 長い時間、同じ姿勢をとらない
  • 入浴などで肩を温める
  • 冷えない服装を心がける
  • 運動不足にならないようにする

 

家事や仕事の合間でもストレッチ

肩が痛いままワークしても効率は逆に悪くなってしまいます。
ほんの1分ほどのストレッチで肩こり軽減できますので辛くなったら積極的にリラックスしましょう。

 

 

・僧帽筋ストレッチ
右手を後ろに回し、左手で右手首をつかみ左方向へ引っ張る。このとき頭も左に倒す。
・肩上げ
両肩をあげ首をすくめ、両肩を落とす運動。
・首を回す
頭をくるくる回す。首の疲れも軽減する。

 

 

肩の疲れをとる方法記事一覧

肩こり原因

四十肩、五十肩本来の正式名称は「肩関節周囲炎」といい加齢にともない、肩関節に慢性的な炎症を起こします。炎症によって腕を上げたり、腕を後ろに回す動作をすると痛みが走り辛いものです。肩の運動を行うのと治すのに効果的です。更年期障害更年期障害の症状に肩こりがあるのは意外でしたでしょうか?更年期は閉経前後の...

» 続きを読む