肩こり原因

四十肩、五十肩

本来の正式名称は「肩関節周囲炎」といい加齢にともない、肩関節に慢性的な炎症を起こします。炎症によって腕を上げたり、腕を後ろに回す動作をすると痛みが走り辛いものです。肩の運動を行うのと治すのに効果的です。

 

 

更年期障害

更年期障害の症状に肩こりがあるのは意外でしたでしょうか?更年期は閉経前後の女性ホルモンのバランスが急激な変化が原因、更年期障害が治まったら肩こりも治まったという女性も多い。ホルモンバランスを保てる食材を食べるようにしましょう。

 

 

高血圧症

肥満、塩分のとりすぎなどが引き起こす高血圧症、肩こりの原因とも言われています。

 

 

低血圧症

血圧は高くても低くても肩こりの原因になります。血の巡りや状態が肩こりに大きく左右するのです。

 

 

同じ姿勢が多い

パソコンやテレビの前で同じ姿勢で長時間いることが多い人は、首や肩周辺の筋肉に緊張が続き肩こりの症状が良く出ることがあります。

 

 

目の疲れが肩こり原因に

スマホ、パソコン、仕事、テレビ、ゲームなどによる長時間にわたる目の酷使、目が悪い、メガネの度が合っていない、など慢性的な目の筋肉疲労になります。目の疲労は肩こりの症状を引き起こすことがあります。

 

 

運動不足

運動をしていない人は筋肉の緊張や疲労が起こりやすくよく肩こりや首筋がこります。また、運動不足は血行不良を招くため、やはりこちらも肩こりになりやすい体質になります。

 

 

ストレス

精神ストレスは筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になるため、肩周辺の筋肉が緊張して一時的に肩こりが起こりやすくなります。

 

 

寒さによる肩こり

寒い季節やエアコンの冷房の効いた部屋で体を冷やすと筋肉が緊張します。また寒さは自律神経の乱れを引き起こすために、筋肉が緊張状態となり肩こりの原因となったりします。