寝酒すると熟睡できない

酒はリラックス効果やストレスからくる血圧を下げるというよい点もあるが、、睡眠前の寝酒はオススメできない。

 

確かにアルコールが入ると眠りへと誘い寝つきは良くなるメリットもありますが、眠りを浅くし質の悪い睡眠となってしまい熟睡ができないからだ。寝酒するのが日課という方の半数以上は、抜けない疲労に悩みを持っているとのことらしい、アナタはどうでしょうか?

 

また、アルコールを多量摂取するといびきの原因にもなります。これは筋肉を弛緩(しかん)させ、無呼吸になりやすくさせるため。

 

お酒を飲むと夜中にのどが渇いてバチッと目が覚めたり、尿意を感じてトイレに起きたりするなどの熟睡を妨げる弊害も発生するため寝酒はやはりオススメできるものではない。

 

 

さらにアルコールは体温も上げてしまうため、不快に感じて目覚めやすくなってしまう。睡眠中は体温が下がるものなのでこの観点からもよろしくない。ストレス解消には良いかもしれませんが少量にとどめておくように。

 

眠る前には、お酒よりも温かいホットミルクがオススメです。牛乳の中には精神を安定させるカルシウムや幸せ物質セロトニンが豊富に含まれており、寝つきが良くなり熟睡しやすい飲み物です。