ぬるいお風呂で熟睡できる

寝る前に、ぬるめのお湯につかる癖をつけると質の良い睡眠がとれるようになります。ぐっすり眠ることで日ごろの疲れがとれるので積極的に入っていきたいところ。

 

しかし、逆に熱い湯は神経を高ぶらせてしまい寝つきが悪くなり、途中も起きやすくなる。お湯の温度は、38度から40度くらいのお湯がよい。

 

近年ではシャワーだけで済ます方も多いようですが、きちんと湯につかると新陳代謝を活発にし、リラックス効果も期待できる。「お風呂は命の洗濯だ」なんて言葉を聞いたことがありますが、まさにその通りで風呂による疲労回復効果と寝つきが良くなり睡眠による疲労回復効果を期待できる。結果、元気に長生きできると言うわけだ。

 

仕事の疲れが抜けないと言う方は、毎日ぬるめのお湯につかるようにしてみてください。