お腹が空いて寝られない時は食べた方が良い

寝ようと布団に入ったはいいけども、お腹が空いてきて気になって寝られない…、そんな時は食べちゃっても大丈夫です、むしろ食べた方が良い。

 

こういう時には、ガッツリ食べてしまうのではなく、ホットミルクを飲んだり、消化に良い物をつまんで軽く食べものを摂取する。ダイエットの観点から考えると食べない方が良いのだけれども、しかし、質の良い睡眠があっての日常です。元気な一日を送るためにも食べておきましょう。

 

ただし、次のようなものは避けておきましょう。

  • 香辛料の強い食べ物
  • チョコレート
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ウーロン茶

 

食べた後は、カモミールやリンデンなどのハーブティーは高ぶった心を落ち着かせてくれる効果があります。入眠しやすくなりますので飲んでリラックスしておくとよいでしょう。

 

疲労は睡眠によって回復させるのが基本、熟睡できるようにする生活習慣を送るようにしましょうね。