疲れているアナタ!ダイエットのせいかもしれません

ダイエットを始めたらすっごく疲れやすくなった…

 

ダイエット自体は、生活習慣病予防や足、ひざ、腰の負担を軽減する上で非常に良いことだと思います。しかし、間違ったダイエットはただただ身体を疲れやすくさせるだけです。

 

カロリーだけで判断しない!

ダイエット中、気になるのは食べ物に含まれるカロリーではないでしょうか?カロリーだけしか見ないダイエットは一番失敗しやすいもの。

 

カロリーを減らす重視の食事は、代謝の悪い体にしてしまいます。代謝が悪くなると疲れて動かなくなってしまい、脂肪を付けてしまう原因にもなりますし、老化も進んでしまいます。

 

基礎代謝の良い身体はそれだけでも日々の生活で余分なエネルギーを使ってくれますし、若々しい体作りにも貢献してくれます。

 

 

基礎代謝を維持するオススメ食材!

牛肉にはカルニチン、豚肉にはビタミンB1b2、鶏胸肉にはイミダゾールジペプチドとコエンザイムQ10が豊富なので、ダイエット中でも肉や卵はある程度食べた方が良いです。

 

 

イワシやアジなどの魚はコエンザイムq10、のりにはビタミンB1を多く含みます。さらにマグロやカツオにはコエンザイムQ10の他にイミダゾールジペプチドやパントテン酸を多く含み美容と疲労を防いでくれます。

 

 

野菜類はホウレン草、カ リフラワー、トマト、にんじん、ブロッコリーなど緑黄色野菜を中心にガッツリ食べていきたい。

 

 

メインとなるご飯は、精製された白いご飯よりも玄米、パンなら胚芽パンがオススメ。低糖かつ高栄養。

 

ビタミンCとクエン酸を多く含むかんきつ類。カルニチン、コエンザイムQ10、クエン酸を含むバナナ。コエンザイムQ10、クエン酸が含まれている苺を中心にフルーツも摂りたい所です。

 

 

もちろん、食べ過ぎてはダイエットも糞もありませんが、しっかりと栄養面で痩せやすい体質を作ることは重要で、むだに食べれない欲求を増幅させ、ドカ食いも防ぐ狙いもあります。ダイエット疲れが酷い方は試してみてください。

 

 

 

 

 

こちらも読まれています!疲れと生活習慣

甘いもの、食べるとさらに疲れる! 朝食を抜くと疲れやすくなる!
疲れで立ちくらみした場合ヤパイ?! パソコン疲れを解消する方法
ダイエット疲れ その疲れ、薬服用が原因?